Ai+Riの複合検査・試験

Ai+Riにおける炊飯(米質)複合検査

Ai+Riの炊飯<米質値>複合試験・検査は、3要素からなる34項目にわたるチェック・検査・測定を通して検査・測定したお米(試料米)が、目的・用途に合致した「品質のお米」「炊いたご飯が本当においしいこと」このことを米質測定の上で大切にし、高精査・測定技術の追究を実践炊飯を通してつづけます。

における大量炊飯の〈米質〉試験・検査プロセステーブル

大量炊飯の〈米質〉試験・検査プロセステーブル大量炊飯の〈米質〉試験・検査プロセステーブル

Ai+Riにおけるご飯の検査・測定内容 ご飯の観察

Ai+Riにおけるご飯の検査・測定内容 ご飯の観察Ai+Riにおけるご飯の検査・測定内容 ご飯の観察

Ai+Riのお米・ご飯の試験・検査・測定
実践炊飯を通して〈米質値〉を追究します。

○品質重視のお米・ご飯の試験・検査・実践炊飯を通して<米質値>を追求します。
Ai+Riのお米・ご飯の試験・検査・測定 実践炊飯を通して〈米質値〉を追究します。Ai+Riのお米・ご飯の試験・検査・測定 実践炊飯を通して〈米質値〉を追究します。

Ai+Riにおける精米検査

1

食味品質測定:一定量の米粒を近赤外線にとおして、成分と含水を測定する。(3回測定・平均値)

2

穀粒判定:米粒を傷めず写真判定で良質粒率・未熟粒率および粒幅・高さも分析。(5回測定・上下を削除して平均値)

3

精米白度測定:白色ランプを利用した測定器で基準色(白度82.7)からみた白米の白さを測定する。

4

含水率測定・判定:赤外線ヒタで初期ごはんの量から乾燥、焼成して(60分間)水分比率を測定する。

5

顕微鏡判定:ごはん粒表面の形状を写真撮影し判定をする。つるつるか凸凹か。

6

水浸割率判定:米をカルトン(黒盆)に入れ水に浸す。(20分間)その間にヒビ、割れ粒が割率でどのくらい発生しているかチェックする。

7・8

千粒重検査:手作業と目視で粒数を測定板にて検査する。

Ai+Riにおける精米検査Ai+Riにおける精米検査

お米 & ごはんの試験・測定内容

お米 & ごはんの試験・測定内容お米 & ごはんの試験・測定内容

オプション測定の紹介

硬度測定(玄米・白米)・波動測定(玄米・白米) 
※硬度測定とは、米粒を押しつぶしながら粒の硬さを測定します。
※波動測定とは、米質の微量な電磁波をとらえて各種の波動条件を測定器で測定します。

炊飯試験と測定・分析

炊飯試験と測定・分析炊飯試験と測定・分析

試験に用いる炊飯機器の選択

試験に用いる炊飯機器の選択試験に用いる炊飯機器の選択
試験に用いる炊飯機器の選択試験に用いる炊飯機器の選択