複合試験検査とは

炊飯〈米質値〉複合試験・検査とは

お米の品質を炊飯した米飯から<米質>を見ることをテーマにしたAi+Ri独自の炊飯分析技術による“お米・ご飯の品質測定技術”です。
炊飯<米質値>複合試験・検査は、3つの要素からなる透明性の高い先進のライスサーチ分析です。

●第一番目の要素は───

炊飯テスト前の精米(玄米)検査・測定
●得られたデータの分析と活用

●第二番目の要素は───

❶試験炊飯──試し炊き
●精米測定によって得られたデータをもとに炊いて見る。
●試し炊きによって得られたデータの分析をもとに本番炊飯への対応と考察。
(炊飯機器のセレクト等)
❷検査炊飯(本番)
●温度と時間をチェックし、作業を行います。

●第三番目の要素は───

❶炊飯工程中の各項目の観察と測定
❷炊き上がったご飯の各項目の検査・測定
❸時間経過にともなう米飯の品質変化測定
ごはんの検査目的・用途によってはオプションにて米飯商品・適性検査もいたします。

テンシプレッサー(物性測定機)による測定
テンシプレッサー(物性測定機)による測定

データ入力作業
データ入力作業

米飯の真空冷却処理作業
米飯の真空冷却処理作業